トップページ日鋼記念病院について地域周産期母子医療センター 》 地域周産期母子医療センターについて

地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センターについて

健やかな誕生の為に。安全で自然な出産をサポートします。

産婦人科

妊娠出産はお母さんと赤ちゃんの経過が順調で、安産で元気な赤ちゃんを授かる方もいますが、医療介入が必要な妊婦さん・赤ちゃんもいます。このため妊娠する前から産後まで、主治医を中心にチームとなり診療しています。
リスクの低いお産の場合はより安全に、そして、正常な経過でない妊婦さんの妊娠分娩(ハイリスク妊娠分娩)を出来るだけ正常に近づけるべく管理・治療し、不測の事態に備えて対応するのが周産期センターの役割です。
当院は地域周産期母子医療センターとして24時間体制で診療を行っています。当院通院中の妊婦さんだけでなく、この地域全ての妊婦さんに対しても転入院を受け入れています。母児の治療を一貫して行う母体搬送を受け入れることもセンター病院の役割です。産科医と小児科医が協力して診療を行うことで西胆振地域全ての妊婦さん・赤ちゃん・ご家族に笑顔の輪が拡がるよう、スタッフ一同日々最善を尽くしています。


小児科

周産期センターの中で小児科は、「NICU(新生児特定集中治療室)」という施設での診療を行っています。胎内から出生した赤ちゃん達はみな劇的な環境変化を体験するのですが、中にはその変化が大変なストレスになったり、病気を持って生まれてくる赤ちゃんがいます。
また、近隣地域で生まれた重症の病的新生児の受入れも行っており、産科、小児科、小児外科、麻酔科の連携のもと高度な治療、病態管理を専門的な技術、知識を持ったスタッフが行っております。


ページトップへ戻る