看護部

資料請求はこちら

 日鋼記念病院の教育プログラム 

日鋼記念病院看護部では、年間計画を立てて院内・外での教育を積極的に行っています。
学びたいという個々の意欲を大切にするため、
看護能力開発プログラムを採用し、結婚・出産などライフサイクルに応じて、看護実践能力の向上に自発的に取り組む過程を応援し、看護の質の向上を目指しています。

能力開発プログラム

新入職員教育計画

3月
入職前研修

≪目的≫
1.看護業務を円滑に行うための基礎を学ぶ
2.入職前の不安が軽減できる
≪内容≫
講義:看護安全対策・感染対策
演習:輸液・血糖測定とインシュリン皮下注射
・ 注射針・注射器の取り扱い・採血
・ 末梢静脈路の管理方法

4月 初旬
新入職員オリエンテーション

≪目的≫
社会医療法人 母恋の使命と理念を理解し、職員としての自覚と社会人としての心構えをもち、看護の実践が円滑に行えるための基礎を学ぶ。
≪内容≫
・ 看護安全対策について
・ 感染防止対策について
・ 看護記録について

4月 中旬
輸液ポンプ・シリンジポンプ 研修会

実際に1人ずつ演習を行い、ポンプの使用方法や取り扱いによる危険について丁寧に指導します。

≪目的≫
輸液・シリンジポンプを安全に使用するための基本的な取り扱い方法と根拠を知る。
≪内容≫
講義:輸液・シリンジポンプの取り扱いについて
演習:実際の機器を用いての取り扱い方法

5月
救急看護

*様々な場面を想定した演習をするので、臨場感あふれ、新入職員はドキドキしながら学習します。

≪目的≫
一次救命処置とAEDの使い方を習得する。
≪演習内容≫
・ BLS・AEDの使い方・気管挿管の介助
・ 救急カートについて

5月~6月
新入職員 2ヵ月研修

活発に情報交換した後、不安も軽減され笑顔で研修を終えます。
また、感染防止対策の演習はモデルを使用し、ICNメンバーが1人ずつ丁寧に指導します。

≪目的≫
1.職場に適応し、前向きに業務に臨むことができる。
2.基本的な感染防止技術を習得する。
 グループワークでは、仲間と現在の状況について
≪内容≫
・ 講義:「ストレスを乗り切るために」
・ 先輩看護師からの体験談とグループワーク
・ 感染防止対策:サクション、尿道カテーテル留置、無菌操作

6月~7月
ローテーション研修

自部署では経験できない看護技術の習得や他部門と連携することの重要性を学びます。

≪目的≫
1.他部門の経験を自部署での看護に活用できる
2.基本的な看護技術を習得する
3.基本的な看護技術の不足を知り、今後の自己の学習課題を明確にできる
◆ローテーション対象部署:
内視鏡室・放射線科・腎センター・救急部・手術部・病棟

7月
新入職員 4ヵ月研修

受講生は研修終了後、客観的に自己を振り返り、1人では患者さんの安全が守れないこと、応援を呼ぶことの重要性を理解し、明日からの業務に活かします。

≪目的≫
1.時間切迫、多重課題の状況下で適切な看護実践を習得する
2.SBARを通して、チーム医療のコミュニケーションスキルを習得する
≪内容≫
・ 多重課題 シミュレーション
・ SBARの実践
・ グループワーク

8月
褥瘡勉強会

受講生は理解を深め、研修後、日常業務に活かします。

≪目的≫
褥瘡と褥瘡予防についての基本的知識と技術について習得する。
≪内容≫
褥瘡の基本とポジショニング
講義:褥瘡の概念
演習:ポジショニング

10月
新入職員 6ヵ月研修

夜勤で独り立ちするこの時期、看護の責務・関連法規の講義、医療事故の事例検討を通じて、安全対策の意識を高めます。 半年が過ぎてもなお、不安でいっぱいの新入職員へ先輩たちから温かいメッセージのサプライズで元気をもらいます。

≪目的≫
1.看護師の役割と責任について考え、それを踏まえた行動ができる
2.医療事故および対策について学び、医療安全の意識を高めることができる
≪内容≫
・ 講義:看護師の役割と責任について
     医療安全対策について
・ 事例検討
・ グループワーク

3月
新入職員 12ヵ月研修

自身の成長を実感し、チームの一員として、メンバーシップを発揮できるよう日常業務に臨みます。また、新入職員を迎えるにあたり、自分の役割について考え先輩として、心の準備をはじめます。

≪目的≫
1.チームメンバーとしての役割と責任を自覚し、メンバーシップを発揮できる
2.1年間を振り返り、2年目の課題を明らかにする
≪内容≫
講義:メンバーシップを発揮しよう!
・ メンバーシップ協力ゲーム
・ グループワーク


■国内留学制度

認定看護師課程、大学院進学、専任教員養成講習会などキャリアアップに向けた支援を積極的に行っています。


《資格取得実績》

看護教員養成講習会修了者(平成27年現在) 13名


認定看護師:11名(平成27年度現在)

集中ケア(2名)/皮膚・排泄ケア(2名)

手術看護/糖尿病看護

緩和ケア(2名)/新生児集中ケア

感染管理/がん化学療法看護

CN会の紹介はこちら