看護部

資料請求はこちら

 CN(認定看護師)会の活動 

各認定看護師の専門知識を院内で共有、活用するため、勉強会、情報共有ツールの活用など企画、運営を行っております。

CN勉強会

情報発信/機関誌「くるみだより」発刊

イントラネットを活用した情報発信

 各分野の活動内容 

専門的な技術と知識を備えた認定看護師。質の高い看護の実践を目指して日々活動をしています。

集中ケア

古沢 仁美 古沢 仁美

井関 修 井関 修

生命の危機的状況にある患者さんに対する、救命のための援助や病態アセスメントに基づいた看護ケアの実践・指導・相談を行っています。ICUの入室対象となる疾患は、心臓や消化管の大手術の術後や心不全・呼吸不全・腎不全など多岐にわたります。救命処置や人工呼吸器・血液浄化療法などの集中治療を受ける患者さんが少しでも安楽に安心して療養できるよう、また、ご家族の気持ちに寄り添った関わりができるよう、日々努めています。

手術看護

八嶋 マユミ 八嶋 マユミ

患者さんが安全に手術を受けることができるよう援助することが手術室看護師の役割です。現在私は病棟に所属しています。手術室看護師と病棟看護師が連携を図ることで、術前・術中・術後の療養生活により充実した環境を提供することを目標に日々取り組んでいます。

緩和ケア

高橋 順子 高橋 順子

菊地 紀子 菊地 紀子

「緩和ケア」は、身体や心の“つらさ”を和らげ、がんと向きあう患者さんを支え、自分らしい生活を送ることができるようにするための医療です。当院には、がんの治療と平行して緩和ケアを受けるための緩和ケアチーム、より集中的に受けるための緩和ケア病棟があり、身体的な痛みや心の悩み、社会生活をおくる上での悩みや家族の悩みなど、生活全体の悩みを含めた看護が提供できるように緩和ケア認定看護師が支援しています。

皮膚・排泄ケア

永沼 早苗 永沼 早苗

kawamura.JPG 川村 美奈子

「皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷ケア・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)ケア・失禁のケアなどを専門的に行う看護師です。具体的には、「褥瘡(床ずれ)」をはじめとする療養中におきるスキントラブルに対するスキンケアやストーマを造設した方のケアを専門的な知識と技術を提供し、病棟看護師と共に質の高い看護を目指して日々活動しています。

新生児集中ケア

田邊 晴恵 田邊 晴恵

急性期のあかちゃんに対し、身体的・生理学的安定を図り後障害を予防するケアと、親子関係形成の支援を行います。あかちゃんは言葉で想いを表現できないため、1つ1つの反応や変化を受けとめ、あかちゃんが安心してすくすくと成長できるように援助をしています。また、あかちゃんが新生児集中治療室(NICU)に入院することで、ご家族と分離されてしまいます。そのため早くからあかちゃんが新しい家族の一員となれるように支援をします。

がん化学療法看護

亀田 千鶴 亀田 千鶴

患者さんが「安全・安楽・確実」にがん化学療法を受けられるように、外来化学療法センターで薬剤の投与管理、意志決定支援、副作用のモニタリングなどを行い、患者さんにもモニタリングや対処方法などセルフマネジメントできるように説明を行っています。また、副作用や投与管理などの看護ケアに対して、看護スタッフの具体的な相談にのっています。情報共有ツールとして看護基準やパンフレットを作成してします。

感染管理

加藤 美紀 加藤 美紀

ito.JPG 伊藤 加奈子

患者さん、来院者、医療従事者など病院に関わるすべての人々を感染から守るために多職種と連携しながら感染防止対策を推進しています。感染制御室を拠点に、病院感染調査、感染症情報発信、職員教育、院内巡視を行い、感染対策に関する問題点をスタッフと協働しながら解決しています。また、地域の医療施設と感染対策に関する情報共有や問題解決に向けて密な連携が図れるよう活動しています。患者さんが安心して療養でき、職員も安全に働くことができるように清潔で快適な病院作りを目指しています。

糖尿病看護

清水 小百合 清水 小百合

インスリン自己注射や血糖測定を行っている方への手技指導や血糖コントロールをしていくための療養相談を受けています。多職種と連携し,患者さんが糖尿病をもちながらその人らしい生活を送ることができるよう、糖尿病教室の開催、市民公開講座等を行い患者さんと一緒に療養行動について考えています。また、糖尿病看護について院内で講習会を開いています。

 

がん放射線療法看護認定看護師

mito.JPG 水戸 加奈子

納得して放射線治療を選択し安心して治療を受けるための環境整備、治療過程で生じる身体・心理的な課題に対して支援を行っています。 患者さんやご家族の意思決定支援や治療前後のオリエンテーション、治療に伴う後遺症や副作用の予防や対応し、治療を完遂できるようセルフケアの支援など援助をしています。